2017年7月12日水曜日

ツルニチニチソウ

かなり昔からうちにあるのに名前のわからなかった植物の一つ。
ヨーロッパ原産の常緑つる性植物、ツルニチニチソウと思われます。
この「斑入り」の葉って好きなんですよね。
「はんいり」ではなく「ふいり」と読みます。
いわゆる「アイビー」と呼ばれるヘデラに混ぜて植えたような記憶があります。
どちらも常緑性のため真冬でも緑の葉が保たれています。
日当たりを好みますが耐陰性も強く、屋内での栽培にも向いているらしいですよ。

似たような植物に「ポトス」というものがありますが、ポトスは寒さに弱いため壁面緑化には使えません。
たぶん冬には地上部だけでなく根も枯れて絶滅してしまうはずです。
真冬はマイナス5℃以下になるし冷たい風が吹きつけるのでポトスはたぶん無理……


ツルニチニチソウとヘデラは真冬でもまったく問題ありません。

0 件のコメント: