2017年5月2日火曜日

あすさんのコンプレッサー略してあすこん

こういう一見しょうもない動画いいかもねwww
昔のYouTubeは無意味な動画を淡々とアップしている人のほうが多い印象だった。

今は……
視聴者やスポンサーに媚びを売る動画ばかりでテレビと変わらない内容になっている。
テレビの後追いというか劣化版だよねぇ……
メディアとしてのテレビを見ない人が増えただけで、結局のところYouTubeに対してテレビのような動画を期待しているのだろうか。
どうせならテレビとは違うことをやろうよ。

別にテレビを悪いと言っているのではなくて、同じことの繰り返しでは行き詰まってしまうよ、ということ。

「好きなことで生きていく」というけど、それを真に受けても稼げないし見てくれる人も少ない。
どうしても利益や名誉がからんでくるとテレビのような構造になってしまう。

結果的にYouTubeがかつてのテレビに取って代わっただけで、やっていることは同じという……

私の考えだけどね。


「つまらない動画」を避けて「面白い動画」を求めていくと「テレビみたいな動画」にたどりつき、
それをまたつまらないと言い始めて負のループに陥る。

ループになることはほぼ確定しているから、つまらない動画にも意味がある。
面白い動画の引き立て役になるというか。
つまらない動画があるから面白い動画というものが成り立つというか。

いずれにしてもYouTubeに「つまらない動画は禁止。削除する」という規約があるわけではないから、
尻込みせずにアップロードすればいいんですよ。

グダグダ言っている人は自分勝手なルールや自治にとらわれているのです。

誰もが面白いと感じる動画は存在しないのと同じで、誰もがつまらないと感じる動画もまた存在しない。
面白いかつまらないかを他人に強要するのは傲慢でしかない。


もしYouTubeが方針を変えて容赦なく動画を削除するようになったら、そのときはそのときです。
もう動画を見たり見せたりする時代は終わりということで……

0 件のコメント: