2016年12月2日金曜日

ただ鍛える“だけ”では腹筋は割れないらしいぞ

鍛えても腹筋は割れないってマジですか??
減量しているボクサーの腹筋は割れて見えるけど、
力士の腹筋はまったく割れて見えない。
体脂肪を減らさない限り割れているようには見えないそうだ……

それは大いに問題があるな……
体脂肪率は低ければいいというものではない。
適正というものがあるのだ。

腹筋が割れて見えるようにするため体脂肪率を無理に下げると
体調を崩しやすくなることがわかってきている。

本末転倒である( ゚д゚ )

腰痛や下痢の改善のために体を鍛えているのに、
腹筋の見た目を気にして別の病気を迎えることになるのか?

「見た目のための筋トレ」には見えないリスクを伴うのだ。

そういうトレーニングは健全とも健康的ともいえず、
将来的に健康を損なう恐れがある。


特に女性が無理に体脂肪率を下げて割れた腹筋を獲得すると、
生理不順や冷え症や情緒不安定などの疾患にかかりやすくなるという。

男性は平均して女性よりも低い体脂肪率で安定しているそうだが、
10何%も差があるような極端なものを考えてはいけない。

単純にトレーニングによって体を鍛えるのと、
体脂肪率を下げることは区別しなければならない。

腹筋が割れているか割れていないかは体力の目安にはならず、
過剰な減量と食事制限によって得られるのは「見た目」と
崩れやすい体調、精神、強迫観念、そして後悔といったところだろう……

0 件のコメント: