2014年6月21日土曜日

ヘッドホンは頭に「乗せる」

ヘッドホンは帽子のように「かぶる」のではなく、
鉢巻のように「絞める」ものでもないですね。

頭にピッタリ合わせて耳をしっかり覆おうとしなくてもいいんですよ。

ヘッドバンドを頭頂部にグイッと押し当ててスライダーの長さを合わせて
耳をガッチリと包み込むように調整するのは、きつすぎです。

頭蓋骨の大きさや形、耳の高さは個人差があるから、
スライダーの長さは左右対称になるとは限りません

左右のハウジングを両手でしっかりと保持して広げて、頭を入れ、
頭頂部を押しつけるのではなく軽く乗せて、そのまま両耳にかぶせる。
右手でヘッドバンドが動かないように押さえながら
左手でアームを持ってスライダーの長さを調整する。
次に手を変えて反対側も調整する。

ヘッドバンドが頭のどの位置がいいかは個人差と好みで変わってきます。

イヤーカップが浅かったり柔らかすぎる素材だったりする場合、
耳殻の外側の部分がドライバーユニットに接触し、
しだいに痛みを覚えるようになることがあります。

ヘッドホンの側圧を弱める
(ヘッドバンドを押し曲げる・ティッシュの箱などに挟んでおくなど)
ことでも対処できますが、
イヤーカップとドライバーユニットの隙間に細長く丸めたティッシュペーパーを
詰めて高さを加えるのも効果的です。

0 件のコメント: