2014年5月17日土曜日

視野を広げると自分の存在が小さくなる

自分の周りの空間が広がることにより、相対的に自分の存在は小さくなる。
いたずらに視野を広げれば広げるほど自分は小さくなり、
頼りなく、自信を失い、価値は薄らいでいくようだ。

本をたくさん読むといい人になれる()
いろいろな人と接して見聞を広げよう()

これは罠になっているようだな。

ググれば馬鹿でもわかるような情報を知っていることにもはや価値はなく、
むしろそれに振り回されることが大問題になりつつある。

情報のは少なくても、自分で特定の専門分野を持っているのなら、
そこには揺るぎない「自信」が存在するはずだ。

なにか1つ長所があるというのはいつの時代でも重要なことで、
闇雲に短所を潰していくよりも上手くいくことが多い。
短所が10個あっても長所が1つでもあればいいのだ。

いけないのは、自分に長所といえるほどのものがなく、
短所をしらみつぶしになくそうとする努力や姿勢である。
それはキリがない。

本当にキリがない!!

どんなに頑張っても中途半端な結果しか出せない。


世の中の多くの情報に惑わされるな。

それは多すぎて「個人」に適用することなど不可能だからだ。
自分は個人であって集団ではないことを覚えておこう。

0 件のコメント: