2011年11月18日金曜日

今まで気にもしなかったこと

自分にとって「簡単」だからといって素直に「簡単」と公言するのは、
実はものすごく不利になってしまうのではないかということです。

私は今まで気にもしていませんでしたが、人から指摘されて初めて意識しました。


たとえ簡単な作業だとしても、それを簡単だと言ってしまうと、
次からは足元を見られるようになるらしいのです。


しかし私には理解ができません……


簡単なのに「難しい」と言えばウソになります。

それは相手に無用の心配をかけることにつながります。


私は生来、こと自分の能力に関してはウソをつくことができない体質です。
無理なことは無理と言うし、できることはできると言います。
簡単なことは簡単だし、難しいことは難しいのです。
でも
これがいけないらしいのです。



何がいけないのかはさっぱり理解できないわけですが…。




簡単なことを難しいと言ってしまえば、
相手はそれについて少なからぬ不安を抱きませんか?
本当に大丈夫なのだろうか…
あなたじゃ心配だわ…
と。

簡単なことを簡単と言えば、相手は安心すると思います。
きみなら安心して任せられるよ!
どんどんやっていいわよ!

でも…

人間の社会では、私の常識は当てはまらないらしいのです。



それで

あすさんは損をしているんだよ!

と言われてもピンと来ません。



だから私は、いろいろな人と話をするたびに自分がわからなくなっていく…


間違ったことを信じているのだと言われても、私は事実を言ったまでなのに…

0 件のコメント: