2011年4月16日土曜日

「知らせる人」が多くなりすぎると困る

「知らせる人」が多くなると、かえって混乱を増加させることになります。


「知らせる人」は「知る人」より多くなってはいけないのです。

全世界の警察や消防への通報をすべて知らされたらどうなりますか?

どの通報も緊急を要請する重大な内容だとします。





すべてに耳を傾けることができますか?

耳を傾けることを強制されたらどうなりますか?

強制力などないし、耳を傾けることも不可能だと思われるでしょう。


そうなのです。


情報というのは、それを必要としている人もいれば、まったく不要の人もいるということです。

それらを「すべて知らせよう」としても、ほとんど益をもたらしません。

それどころか混乱を招き、迷惑にさえなることがあります。


知るべき人がいないのに知らせようとするのは、あまり意味のないことなのです。

0 件のコメント: