2011年3月31日木曜日

励ましは重荷となるので、「大丈夫」と言ってあげる

私は、不安を抱いている人に向かって「頑張れ」とは言いません。

私自身が「頑張る」ほうがはるかにいいからです。







励ましの言葉は時として「重荷」となり、プレッシャーをかける場合があるので注意が必要です。


以前も同様のことを書きましたが、
誰かが問題に直面しているときや、上手く対処できないときには、
その人に頑張らせるよりも、むしろ自分が代わりにやってあげるくらいの気遣いを示します。


そうすることで真の安心感をもたらすことができ、「大丈夫だよ」ということができるのです。


不安になっている人が一番必要としているのは安心感です。

頑張れと言う前に、大丈夫であることを伝えてください。



これは甘やかすことでは決してありません。



私がするのは「安心感」と「大丈夫」という情報を与えることだけです。

これはいわゆる「根性論」や「感情論」ではなく、事実に基づいた信頼できる情報です。

私には情報を調査したり見分けたりする余裕があるので、そうすることができます。


不安をあおるのは簡単です。

でもそんなことは許されません。

不安のない人などこの世にいないではありませんか。

多かれ少なかれ誰にでも不安はあるのです。



一人暮らしをすることに不安を抱いている人に、
どんなに実用的なアドバイスをしたり、
実際の経験を事細かく話したりしても、
先に「不安」を取り除かないことには何の励みにもなりません。



「頑張れ」と言うのは簡単ですが、相手を知らずに傷つけることも多いのです。

「大丈夫」と言うのは簡単ではありません。

でもそれが言えるようになりましょう。

0 件のコメント: