2011年3月30日水曜日

要領の悪い子がいたら…

友達でも恋人でも親でも子でも、「要領の悪い」人はいます。

といっても、それは自分から見てそう思うのであって、
本人は一生懸命なのかもしれません。






相手の要領の悪さに腹を立てるのではなく、
それに気づいた人が補ってあげればよいのです。



これが円満な対人関係を築き上げる基本です。

0 件のコメント: