2011年3月15日火曜日

「天罰」の見方を変えると

もし震災が「天罰」だというなら、天の上におられるお方はどれほど罪深いのでしょうね。

それは「神」ではなく、「この事物の体制の神」、すなわち悪魔だというほうが納得できます。

神ではなく悪魔だから、あらゆる人々を見境なく襲い、混乱に陥れることをするのでしょう。


神はきちんと宣言していますね、「ここで死ぬ定めではない」と。

0 件のコメント: