2011年2月23日水曜日

暗く、さらに暗くなったとしても…

周りが何も見えないほどの「暗闇」に包まれたとしましょう。

あるいは自分で自分を「卑下」し、「暗黒」のような存在だと思い込んだとします。







そう、暗くなればなるほど、逆に、わずかな光でも目立つようになり、それを求めて行動する人が多くなるのです。


周囲が暗ければ、小さな明かりが相対的に明るく見え、光に対して敏感になり、かえって目標を定めやすくなる場合があるということです。


しかし現実は、これはであることがほとんどです…。


実際、詐欺師光のような存在だからです。


困っている人の行く先を快く照らしてくれる、天使のような存在です。

しかしそれは偽りの光…。

その天使に案内されたところは、処刑場だったり、自分の財産を奪い取られる危険地帯だったりします。

 

やはり暗闇というのは恐ろしいもので、好き好んで身を置くべきところではないですね。

0 件のコメント: